スムージー(グリーンスムージー)とは?
スムージーとはスムージーとは数種類の生野菜とフルーツをミックスしてミキサーなどでジュースにしたものです。
生の野菜やフルーツをたくさん食べるのは難しいですが、スムージーならある程度の量を無理なく摂取することができます。
食材を切って攪拌するだけなので、忙しい朝にもラクに作れ、料理が苦手な方でも失敗しにくいのが特徴です。

失敗なし!手に入りやすい食材で作るスムージーレシピ

りんご+バナナ+小松菜
スムージー
・りんご(皮つき)1/2個
・バナナ 1本
・小松菜 1束
材料を2cm角程度に切り、ミキサーへ。はちみつ(小さじ1)と牛乳150ccを入れて攪拌します。
(余ったりんごは切って冷凍しておけば、次回簡単に使うことができます。)
バナナ+チンゲン菜+きな粉
スムージー
・バナナ 1本
・チンゲン菜 1/2束
・きな粉 小さじ2
材料を2cm角程度に切り、ミキサーへ。
きな粉、はちみつ(小さじ1)、牛乳(または豆乳)150ccを入れて攪拌します。
きな粉には大豆イソフラボンや食物繊維が豊富。少量加えるだけでも味に変化が出ます。
オレンジ+バナナ+青汁
青汁スムージー
・オレンジ 1個
・バナナ 1本
・青汁(神仙桑抹茶ゴールド)2本
材料を2cm角程度に切り、ミキサーへ。青汁とはちみつ(小さじ1)、牛乳150ccを入れて攪拌します。
鉄分やカルシウム、カリウムが豊富な青汁はスムージーとの相性も◎。包丁を使いたくない時にも。
  • 冷凍ブルーベリーなどを常備しておくのもおすすめです。
  • パイナップルやいちご、ぶどうなどもカットして冷凍しておくとすぐ使えます。
  • 牛乳や豆乳のかわりに水をいれるとさっぱりとしたおいしさになります。
  • チューブのしょうがを少量いれると風味が変わります。

粉末タイプのスムージーなら水に混ぜるだけで簡単

「野菜やフルーツをカットするのも面倒」「材料を買い揃えておくのが大変」という人は、粉末スムージーを利用してみるのもよいでしょう。
水や牛乳と粉末をシェーカーで混ぜるだけ、粉末なので日持ちもするスムージーは、ここ数年、女性を中心に人気のアイテムです。
ダイエット用に販売されているスムージーがほとんどですが、ビタミン・ミネラルはもちろんたっぷり摂れるので、美容と健康のために飲み続けている人も。

野菜不足を補いたい人に おすすめ簡単粉末スムージー

  1. やずやのスムージー

    やずやの【ずぼらさんの酵素グリーンスムージー】

    おいしさ 5.0
    栄養バランス 4.5
    品質 5.0
    通常価格:
    3,800円(税込)
    定期価格:
    3,420円(税込)
    容量:
    31本

    日本人が食べ慣れた野菜だけを使い、香料・着色料・保存量不使用で作られたのがやずやの粉末スムージーです。
    契約農家で育てられた野菜と果物を使い、安心して続けられる品質です。

    管理人のレビュー

    余計なものを加えていないため、他メーカーのものと比べても自然な味で続けやすく、泡までおいしいのが特徴です。
    健康食品メーカーのやずやさんのスムージーという安心感もあります。

    商品詳細を見る

  2. ミネラル酵素グリーンスムージー

    ミネラル酵素グリーンスムージー

    おいしさ 3.0
    栄養バランス 4.5
    品質 4.0
    通常価格:
    2,458円(税抜)
    定期価格:
    2袋で4,179円(税抜)
    容量:
    200g(約10~15食分)

    約200種類の栄養素をコップ一杯に凝縮したスムージーは世界4カ国でランキングNo.1を獲得しました。
    1食あたり約80円のコスパと、簡単に作れる手軽さが人気の秘密です。

    管理人のレビュー

    コストパフォーマンスと栄養の豊富さで見ると人気なのも頷けるスムージー。
    ただし人工甘味料や増粘剤など、食品添加物の多いところと、レトルト的な風味が気になります。

    商品詳細を見る

粉末スムージーで気がかりな添加物のこと

食品添加物「数十種類、数百種類の栄養が摂れる!」というスムージーも、野菜やフルーツそのものを原料にしているのではなく、添加物によって栄養を整えたり、味を調整していることもめずらしくありません。

食品添加物の中には、厚生労働省に使用が認められたものであっても、その安全性についていまだに議論を繰り返されているものも少なくありません。
粉末スムージーは簡単に飲める一方、添加物が多く含まれるものもあるため、ちょっと注意を向けてみましょう。

同じ簡単に飲める健康食品でも、青汁の場合は、無添加・無農薬にこだわったものも多く見られます。
野菜をそのまま粉砕して作られた青汁はクセがあるイメージがありますが、最近の青汁は味も飲みやすく、アレンジしやすいものも増えているため、野菜不足を補いたい方におすすめです。

無添加・無農薬 野菜嫌いの人でも飲める青汁 をチェック